新紀元社 / Shinkigensha

凶神の花嫁は、良妻を自称する ~旦那様、浮気も無視も大歓迎です~

凶神の花嫁は、良妻を自称する ~旦那様、浮気も無視も大歓迎です~

近刊
シリーズ名:ナイトスターブックス
著者:黒猫子猫
イラスト:えとう 綺羅
定価:本体1,200円(税別)
四六 336ページ
ISBN 978-4-7753-1972-7
発行年月日:2021年12月23日
在庫:未刊

この本を注文する

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

本の紹介

「お前の初めては、全部貰う事にした」


下級の女神アメリアは、至高神レイの7番目の花嫁として嫁入りすることになった。これまで彼に嫁いだ6人の花嫁は、気が狂ったり行方不明になったり、ことごとく不幸になったという。しかし、アメリアの目標は、形だけの妻として自由を謳歌することだった。
そんな夫を顧みない花嫁に振り回されながら、アメリアの無垢な体と反応に独占欲を芽生えさせていくレイ。
微妙にかみ合わない二人の、結婚から始まる神様系ファンタジーロマン。



「お前は……夫の顔も忘れたのか!」
 アメリアは目を点にした。
「え…………?」
 秀麗な顔をまじまじと見つめ、うんうんと唸った。男は青いシャツに黒のトラウザーズという至って質素な恰好だったが、顔はどの部位を取って見ても美しいとしか思えない美貌だ。更に均整の取れた優れた肢体をお持ちであり、飾り立てる必要など感じない男だった。
 完璧な美貌だと思った男を、確かに一人知っている。
「……そういえば、こんなような顔だった気がするような、しないような……あ! 本当だ!」
 レイの顔が思いっきり引きつったのを見て、これは流石に不味いと、アメリアは理解した。


関連商品

ページのトップへ