新紀元社 / Shinkigensha

リビティウム皇国のブタクサ姫 7

リビティウム皇国のブタクサ姫 7

シリーズ名:モーニングスターブックス
巻数:7
著者:佐崎 一路
イラスト:潮里 潤
定価:本体1,200円(税別)
四六判 324ページ
ISBN 978-4-7753-1661-0
発行年月日:2019年01月21日
在庫:在庫僅少

この本を注文する

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

本の紹介

人造聖女実験体を追うジルたちが見たものは?<過去編>いよいよクライマックス!

実母クララの伝説が残る土地を訪れ、謎のメイド・コッペリアと出会った元「ブタクサ姫」のジル。
そこで<不死の王>と対決したジルは、死闘の末、なぜかコッペリアたちと過去に飛ばされてしまう!
30年前の聖都で「クララ」と呼ばれ、巫女として働き始めたジルは、
巫女仲間イライザの誘拐事件を追って《聖天使城》の地下迷宮に足を踏み入れる。
その最奥で待っていたものは--!?

「「「「「「「「「「異議なしっ !! 」」」」」」」」」」

途端、示し合わせていたかのように、先ほどよりも大きな声が部屋いっぱいに唱和されました。 「……へ?」  唖然とする私の隣で、コッペリアだけが不満そうに「巫女姫じゃなくて、クララ様こそ真聖女と か認めればいいものを」と、ぼやいたのでした。

「ふふん……」

鍵が開いた瞬間、ドヤ顔で視線を向けるセラヴィと、苦々しい顔でそっぽを向くレグルス。 「──失礼いたします」

関連商品

ページのトップへ