新紀元社 / Shinkigensha

読むだけで楽しい 数学のはなし

読むだけで楽しい 数学のはなし

著者:池田 洋介
定価:本体1,200円(税別)
四六判 216ページ
ISBN 978-4-7753-1482-1
発行年月日:2017年02月25日
在庫:在庫あり

この本を注文する

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

本の紹介

★読むだけで数学が好きになり、世の中の見え方が一変する!!

★YouTubeで人気のパフォーマー&数学講師が語る、身近な“不思議”が解ける40の面白話。

 

すべての項目を読み終えたときに、数学という存在がみなさんにとって「他人」でも「神」でも「親の敵(かたき)」でもなく、「法事のときだけ会う、ちょっとめんどうくさい親戚のおじさん」くらいの距離感になってくれていることが、僕の理想である。
──本書「まえがき」より。

1 常識が崩れてしまう数学

ドラクエマップに秘められていた真実
板チョコを「無限」に食べる方法
マンホールのフタが丸い本当の理由
ロボット掃除機の合理的な形を探る
京都市内には「髪の毛の本数が同じ人」が存在する!
数学界で起きた“炎上”事件の意外な結末
エスカレーターの片側は開けるべきなのか

2 人生にきっと役立つ数学

ちりも積もれば山となる…のか?
「時計の文字盤」と「暦」に秘められた数理
パスポートのスタンプと「一筆書き」問題
町のすべての橋を「1回ずつ」渡れ!
ビジネスホテルの蛇口は、なぜ調整が難しいのか
「トートロジー」が世界を動かしている
無意識がつくり出す「秩序」の不思議
「必ず勝てる」数学ゲーム その?
「必ず勝てる」数学ゲーム その?

3 教科書に載せてほしい数学

ランニングとラジオとカクテルドリンク
あなたのライフスタイルにルーティンを
日常の中に存在しているアルゴリズム
「水差し」と「時計盤」の不思議な関係
墓地の近くでは、だから交通事故が起きやすい!
「見える工夫」と「見えない工夫」
「ないことを証明する」のは可能なのか
「不可能を証明する」ことは可能なのか
音楽プレーヤーの「ランダム再生」は公平じゃない
1000年ずれない暦は、どうやってつくられたか
無限の猿はシェイクスピアになれるか
人はなぜ「トイチの利息」にダマされるのか
「ガチャガチャ」コンプリートへの道

4 数学嫌いなんて、もったいない!

「直線が描き出す曲線」の芸術
声に出して読みたい数学用語
ホムンクルスというファンタジーとフラクタル
「百ます計算」の解答用紙には“怪数字”が出現する!
キリ番は本当に「特別な数字」と言えるのか
ルービックキューブは巡る
「原理」と「直感」、どちらを信じるべき?
スリルとサスペンス満載の「ドラフトゲーム」
どんな「無限」にも、それより「大きい無限」がある!
不思議な暗号「きららきりい」を解読せよ

「わからない」が科学を動かしている ~あとがきにかえて

[著者]池田洋介(いけだ・ようすけ)

京都大学理学部数学科卒。元河合塾三宮校講師。講師時代は、わかりやすくも本質を的確につく授業と、「世の中に鋭く切り込まない」雑談が受験生から大好評を得た。2014年からは、ジャグリング・パントマイムのプロパフォーマーとして活動。高い技術と独創的なアイデアが、国際的なフェスティバルでも高い評価を受けている。自身のホームページ内で、数学にまつわる用語を読み解く「役に立たない数学用語辞典」を公開中。

 

 

 

 

 

 

関連商品

ページのトップへ