最終選考結果発表

モーニングスター大賞 大賞受賞作品

モーニングスター大賞 ファンタジー賞受賞作品

タイトル 著者名
該当作品なし

モーニングスター大賞 受賞作品

モーニングスター大賞総評

 我々の想像を超える多くの皆様にご参加いただきました「モーニングスター大賞」最終選考結果を発表いたしました。

 レーベル創刊に先立ちスタートしたコンテストでしたが、生まれたばかりの小さなレーベルにとって、多くの皆様に応募いただいたこと、ご注目をいただいたこと、大変に勇気づけられました。ご参加いただいた全ての皆様に感謝申し上げます。

 ひとつひとつの作品それぞれに作者様の思いがこもっていること、選考チームも充分に感じ取っております。その中から選考していくことは、難しくもあり頭を悩ませたことでもありました。その多くの応募作の中から、我々がもっとたくさんの読者に届けたい、と願う作品を受賞作品といたしました。

 選考は「小説として魅力ある作品」か、また「読者の支持をうける作品」か、二つの評価軸を念頭に進めていきました。

 「小説として魅力ある作品」とは、単に文章作法が守られているということではありません。日本語の美しさ、読みやすさを備えていることはもちろん評価対象となりますが、それだけではなく、物語がダイナミックさを持っているか、キャラクターは魅力にあふれているか、舞台設定に説得力を備えているか、などの様々な要素を勘案し総合的に優れた作品であるのかを見ました。

 「読者の支持を受ける作品」かどうかについては次のように考えました。昨今は作品のWeb上での人気が可視化されておりますが、当コンテストは書籍化にむけたコンテストですので、単なるWebでの人気投票的なものでなく、はたして書店店頭で読者が手に取る作品であるのかを想定して評価しました。刹那的な人気にとらわれず、書籍として今の読者に愛される作品であるかどうかを重視いたしました。

 大賞受賞作品「勇者召喚に巻き込まれたけど、異世界は平和でした」(灯台 様作)はその二つにおいて、高いレベルにある作品であると評価しました。大賞受賞にふさわしい作品です。

 他受賞の三作品「椅子を作る人」(こいし 様作)、「必中の投擲士 ~石ころ投げて聖女様助けたった!~」(餅々ころっけ 様作)、「余命六ヶ月延長してもらったから、ここからは私の時間です」(肌 様作)につきましても、おのおのに読者を惹きつけ、楽しませる力にあふれています。

 全応募作4898作品の中から、この素晴らしい四作品を書籍としてお届けできる機会を得られたこと、喜ばしく感じております。

 反面、「ファンタジー賞」が該当作なしという残念な結果となってしまいました。応募者の皆様に「ファンタジー賞」の評価基準を事前にお知らせせず、このような結果となってしまったこと、お詫び申し上げます。

 選考対象とする具体的なキーワードやテーマを定めてしまうことによって、作品の幅を狭めてしまうのではと懸念し、あえてお伝えはいたしませんでした。

 新紀元社・モーニングスターブックスが考える、優れたファンタジー作品とはどういったものか、すでにコンテストは終了しておりますが、お伝えしておきたいと思います。

 今回のコンテストではファンタジー作品が応募作品の大きな割合を占めておりましたが、既存のゲームやアニメーション作品、また先行のネット小説を想起させるような設定が多く、またその世界が存在するには強い矛盾を感じさせるような作品も見受けられ、現世から異世界へと読者をいざなう力にいささか欠けているように感じました。

 読者が慣れ親しんでいるおなじみのファンタジー世界をつぎはぎに拝借しただけでは、現実世界の延長としかなりません。そうした世界設定は読者が理解しやすく、また人物と物語に集中もしやすいので、作品評価上はマイナスといたしませんでしたが、今回「ファンタジー賞」の対象とはしませんでした。

 現世とは違う魅力あふれる異世界、それを描ききるには、しっかりと世界構築をすることです。それは必ずしも現実の歴史を模している必要はありません。中世ヨーロッパをモデルにした異世界に、現実の中世には存在しなかった事物が登場しても構いません。例えば、一般的な庶民の家庭に板ガラスの窓があっても、こうこうと明るい照明があってもよいのですが、それが存在する世界では、他にどのようなことが起きているのでしょう。特別な魔法や魔力を持った道具は、なぜその世界に存在しているのでしょう。作品内で直接に世界設定をくどくどしく叙述する必要はないのですが、作者がそうしたところにまで目を届かせている作品には、読者に「描かれていない何か」を感じさせることができると思います。「ゲームやアニメの中ではこうなっているから、読者はみんな分かるだろう」というところで停止してしまわず、現世とは異なる世界がどのようにして成り立っているのか、考え抜いた作品を「ファンタジー賞」には期待しております。

 これから、受賞作四作品は書籍としてモーニングスターブックスより刊行されていきます。応募いただいた多くの作品を代表する作品たちです。温かい応援をいただけますよう、お願い申し上げます。



※受賞者のペンネームは作品応募時のものです。