新紀元社 / Shinkigensha

トーグ エタニティ 基本ルールブック

トーグ エタニティ 基本ルールブック

著者:ユリシーズ・シュピール
翻訳者:山北篤
定価:本体4,500円(税別)
B5 296ページ
ISBN 978-4-7753-1928-4
発行年月日:2021年07月20日
在庫:在庫僅少

この本を注文する

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

本の紹介

伝説のテーブルトークRPG「TORG」の新作がやって来る!
コアアースを含む、あらゆるコズム(宇宙)からやって来た強力なヒーローを作成することができる。
映画のような派手な戦い、スリリングな追跡、変化するリアリティを渡り歩くための基本ルールブックだ。


<<トーグ・エタニティ エラータ>>


15ページ右段 下から6行目
誤:ハードポイントという聖遺物は、自らのリアリティを持ち、周辺をその純正ゾーンに、その周囲を優勢ゾーンにする。
正:ハードポイントという聖遺物は、自らのリアリティを持ち、周辺をその優勢ゾーンに、その周囲を混合ゾーンにする。

30ページ右段 「・魔法」
誤:呪文を唱える者は、1ショックダメージを受けることで、魔法(変成魔法、移送魔法、創造魔法、感知魔法)の技能判定に、自分の技能レベル分のボーナスを得ることができる。
正:呪文を唱える者は、1ショックダメージを受けるごとに、魔法(変成魔法、移送魔法、創造魔法、感知魔法)の技能判定に、+1ボーナスを得ることができる。ただし、ボーナスの最大値は自分の技能レベル分まで。


63ページ左段 最初の段落2行目から
誤:クラノッドが、ダークネスデバイスを使って、サーコルドにブリッジを架け直そうとしたとき、彼女は儀式戦闘でクラノッドに挑んだ。驚くべきことに、デーモンの死骸の後ろから立ち上がったのは、ジェズラエルだった。
正:クラノッドが、ダークネスデバイスを使ってサーコルドにブリッジを架け直すことに集中している間に、人間の女奴隷ジェズラエルはクラノッドの将来の挑戦者(訳注:おそらくは公爵級デーモン)に儀式戦闘を挑む。驚くべきことに、デーモンの死骸の後ろから立ち上がったのは、ジェズラエルだった。


69ページ左段 表の「体力」の項目
誤:一時的に《体力》が上昇しても、耐久値は上昇しない。
正:ルールに明記されていない限り、一時的に《体力》およびその他の能力値が増減しても、耐久値やショック耐性は変化しない。


78ページ左段 「科学」の次に以下の項目を追加
格闘《機敏》(一般技能)
 武道や、動物の攻撃、素手で殴るといった分野が〈格闘〉の範囲内だ。〈格闘〉の難易度は、対象が素手なら〈格闘〉技能値、適当な武器を手にしているなら〈白兵戦〉技能値となる。
 素手での攻撃では、ダメージ基本値は《体力》になる。


79ページ右段 「技能リスト」に以下の項目を追加
格闘


84ページ左段 最後に追加
このような特典には、★マークをつけておく。


★マークを付ける特典は以下の通り
オカルテック
 オカルテック移植
オカルト
 悪魔憑き
 隠秘学者
 勲章
 弾鍛冶
 錬金術
コミックパワー
 エレクトロ・レイ
 スーパー技能
 スーパー能力値
 フォース・フィールド
 フライト
 マインド・コントロール
闇(ダークネス)
 隠行
 偽笑
 凶相
 致命傷
ドワーフ
 竜戦士
光(ライト)
 快復
 光輝
 正義
 蘇生
 闇の検知
リアリティ
 ポシビリティ授与


85ページ右段 最下行に追加
全身鎧で疲労ペナルティがある


92ページ右段 2行目
誤:〈白兵戦〉において複数目標のペナルティ
正:〈白兵戦〉と〈格闘〉において複数目標のペナルティ


95ページ右段 「マインド・コントロール」に追加
対象がリアリティ能力者だった場合、毎ターンの頭に自由行動として、マインド・コントロールを撥ね除けるために抵抗判定を行うことができる。


97ページ右段 「配下」
誤:配下は、能力値の合計が36で、技能レベルの合計が12のオーズで、ゲームマスターが制作する。
正:配下は、能力値の合計が36で、技能レベルの合計が12、負傷耐性が2のオーズで、ゲームマスターが制作する。


104ページ右段 「ポシビリティ消去」
誤:敵が1ポシビリティを使用しようとした時
正:敵が判定を有利にしようとして1ポシビリティを使用しようとした時
誤:敵がダメージ吸収のために使うポシビリティ
正:敵が能力を起動するため(ダメージ吸収も含む)に使うポシビリティ


110ページ左段 「ポシビリティ」
誤:1回の行動に使えるポシビリティは1ポイントまでだ。
正:1回の行動に使えるポシビリティは1ポイントまでだ(能力を起動するためのポシビリティを除く)。


113ページ右段 「カード補充」
誤:逆に、4枚未満しか無い場合は、デスティニーデッキから引いて4枚にする。
正:シーンが終了したときに手札が4枚未満しか無い場合は、デスティニーデッキから引いて4枚にする。
訳注:通常は、ラウンド進行が終了するとシーンも終了するので、余ったカードの処分、不足する手札の補充、1枚のカード交換は連続して行うことになる。ラウンド進行無しでシーンが終了した場合も、不足する手札の補充と、1枚のカード交換は行うことができる。希にだがシナリオの都合などで、戦闘が終了してもシーンが終わらない場合があり、この時だけは余ったカードの処分しか行えないので注意する。


115ページ左段 効果表の「プレイヤーズコール」
誤:1ターン失うか、
正:自らの次のターンが終わるまで不利な状況に陥る(武器を落とすなど)か、


116ページ左段 「物理攻撃」に使う技能に追加
〈創造魔法〉〈信教〉〈念力〉その他ダメージを与える可能性のある技能全て


121ページ左段 「誤動作」
誤:典型的には、ダイスで不運になった時などに発生する。
正:典型的にはダイスで不運になった時などに発生するが、誤動作のダイス目の範囲が広い場合は、不運無しで誤動作だけ起こることもある。


125ページ右段 「繰り返し」を挿し換え
 キャラクターは、特典など特別な許可が無い限り、以下のそれぞれの項目を1つまでしか行うことができない(複数目標は可能)。
・物理攻撃:ショックや負傷を発生させるあらゆる判定
・対人行動:間合い・挑発・トリック・威嚇・その他の対人特殊能力など
 判定の必要の無い行動なら、いくらでも行うことができる。しかし、それでも1行動ごとにー2のペナルティが加算される。


126ページ右段 「連射」
誤:・不運の可能性が高まる。
正:・誤動作の可能性が高まる。


129ページ 「積極防御」
誤:代わりに次のターンになるまで
正:代わりにラウンドの終わりまで


135ページ左段 「劣悪な環境」2行目以降に追加
環境によっては、疲労(112ページ)することもある。これによるショックは、ヒーロー達が休息を取るまで快復しない。


136ページ右段 「落下ダメージ表」訂正
11~20m 15+1BD
21~50m 20+1BD
51~100m 25+1BD
101m~ 30+1BD


139ページ右段 「個人的装備」2段落目
誤:〈裏街〉判定を行う。
正:購入品の価格基本値を難易度として〈裏街〉判定を行う。


139ページ右段 「個人的装備」2段落目の終わりに追加
複数の品を手に入れたい場合、複数目標ペナルティがかかる(ポーション5本、もしくは別個の品5個を入手する場合、-8のペナルティ)。


144ページ右段 「スパイクプレート」
誤:組み付きを行なう時に、〈格闘〉ダメージにダメージ修正値(+2)のボーナスが付く。
正:組み付き(120ページ)判定の達成値に、装甲修正値(+2)に等しいボーナスが付く。
訳注:初版では「組み付きと抵抗にボーナス」とあるが、2版では上の「誤:」のようなダメージへのボーナスと変更され、さらにエラータで上のように修正された。


166ページ右段 「成形炸薬弾」
誤:その装甲の5ポイントまでは無視できる(装甲貫通5)
正:HEAT弾は装甲貫通4とする


181ページ左段 「ストームナイトとストーマー」2段落目に追加
〈リアリティ〉が1レベルしか無い場合、選択の余地無く変身してしまう。


191ページ左段 「ディスガイズ」の解説の最初に入れる
ディスガイズは、1日に1回しか唱えられない。


191ページ左段 「ディスガイズ」成功レベルの「よい」の項
誤:持続時間を、集中にできる。
正:持続時間が、現在のシーンが終わるまでに伸びる。


197ページ左段 「奇跡の祈念」の説明文に追加
複数の奇跡を同時に発動しておくことは可能だが、奇跡を発動しつつ呪文や超能力を使うことはできない。


206ページ 「習得可能リスト」
「コアアース:異常」と「パンパシフィカ:超能力変異」から、テレキネシスを削除。


208ページ右段 「コンフュージョン」
誤:達成値が対象の難易度以上だった対象全てに影響を与える。
正:範囲内の全ての敵は、達成値がそれぞれの難易度以上だった場合に影響を受ける。


209ページ右段 「テレキネシス」
誤:アクシオム:23
正:アクシオム:25


209ページ右段 「テレキネシス」解説の1段落目に追加
例えば、生き物を掴まえようとするなら、組み付きルール(120ページ)を通常通りに使用する。


209ページ右段 「テレキネシス」解説の2段落目に追加
サイは、同時に2つまでの物体を持って動かすことができる(自分を持ち上げるときも、1つの物体と数える)。この場合、2つの物体の合計重量を持ち上げられる必要がある。移動速度は、歩行速度に等しい。


210ページ右段 「マインド・コントロール」の解説の最初に入れる
この能力は、対象1体にのみ効果を及ぼすことができる。


211ページ右段 「リード・マインド」
誤:発動時間:1行動
正:発動時間:1ラウンド
誤:範囲:50m
正:範囲:10m


211ページ右段 「リード・マインド」解説に追加
リード・マインドは、1シーンに1回しか試みることができない。また、対象がリアリティ能力者だった場合、必ず心を読まれようとしていることに気付き、対抗判定を行うことができる。


272ページ右段 キョンシーの技能追加
〈トリック〉(10)


274ページ左段 スラル(奴隷)
誤:耐久力:10(2)
正:耐久力:9(1)
誤:レザーアーマー(+2)
正:レザーアーマー(+1)


278ページ 「技能表」の機敏ベースに以下の項目を追加
格闘|  |素手での攻撃を行う。ダメージ基本値は《体力》となる。


295ページ右段2人目
誤:タケル・タイタ
正:たいたい竹流


関連商品

ページのトップへ