新紀元社 / Shinkigensha

まなびや陰陽 六原透流の呪い事件簿

まなびや陰陽 六原透流の呪い事件簿

近刊
シリーズ名:ポルタ文庫
著者:硝子町 玻璃
イラスト:ショウイチ
定価:本体650円(税別)
文庫 256ページ
ISBN 978-4-7753-1799-0
発行年月日:2020年01月20日
在庫:未刊

この本を注文する

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

本の紹介

刑事×陰陽師が呪いを浄化!?

 幽霊の姿が見えることを周囲に隠している刑事の保村恭一郎は、呪いによる殺人が可能だと信じる先輩刑事の笠井に連れられ、六原透流という男に会いにいく。
業界では知る人ぞ知る陰陽師らしいが、普段は陰陽道講座で講師を務める六原は、意見を求められると「呪殺はできない」と答えた。
がっかりする笠井だったが、頼りない風貌をした六原の“実力”に気づいた保村は、この世ならざるものの力が関与しているとしか思えない不可解な事件の捜査に、六原を協力者として引っ張り込むことにするのだが……。
 歯に衣着せない若手刑事×掴みどころのないおっとり陰陽師による、人と怪異の物語。

ページのトップへ