新紀元社 / Shinkigensha

ドラゴン狂いの課金テイマーさん1

ドラゴン狂いの課金テイマーさん1

シリーズ名:モーニングスターブックス
巻数:1
著者:リブラプカ
イラスト:エシュアル
定価:本体1,200円(税別)
四六判 324ページ
ISBN 978-4-7753-1619-1
発行年月日:2018年10月18日
在庫:在庫僅少

この本を注文する

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

本の紹介

有り余る金でVRMMOライフ!
課金とドラゴン愛で旅するおっさんの、爽快冒険ストーリー!

しがないアラサーの会社員が、宝くじと株で大金持ちに。
憧れていたVRMMOの新作『Real DifferentWorld』をやり尽くそうと、
会社を辞めてゲームの世界の冒険者となった。プレイヤーネームを「ドラゴン」とした彼は、
キャラクターメイキングに巨額を投入。職業「ドラゴンテイマー」を引き当て、「ドラゴン狂い」の称号も得る。
使役モンスターのアスラと冒険の旅をスタートさせるが、その先には運命の出会いが待ち受けていた――!?

「小説家になろう」開催「ネット小説大賞」受賞作、登場!

 そういえば、俺の住むフロア担当のコンシェルジュさん── 大城さんは不思議な人だったな。綺麗な黒髪のキリッとした美人さんなんだけど、初めて俺と顔を合わせたとき、何故か俺の顔を凝視してその場で固まっていた。
 そのときは俺自身がなにか変なのかと思って少し慌ててしまったのだが、大城さんがすぐに謝ってきたのでそれで終わり。
 結局あれはなんだったんだろう? ……まぁいまさら考えても分からないか。

「俺はドラゴン。よろしくな、アスラ」
「グルゥー」
 アスラも俺によろしくと言っている気がした。
『あのー、そろそろいいですか?』
「あ」
 そういえば、まだチュートリアルの途中だったんだ。完全に忘れてた。
 俺はもっと触れていたい気持ちを抑えつつ、撫でている手を離す。いつの間にか杖を落としていたので急いで拾う。
「すみません。嬉しくてつい」
「グルゥ」
『まぁ触れ合いも大事なコミュニケーションですしね。アスラと絆を深めていけば、いつか会話も出来るようになるでしょう』

ページのトップへ