新紀元社 / Shinkigensha

可動戦車模型の作り方

可動戦車模型の作り方

シリーズ名:プラモデル徹底工作
著者:桧木利弘/下村一晴
定価:本体3,200円(税別)
A4 128ページ
ISBN 978-4-7753-1216-2
発行年月日:2014年06月20日
在庫:在庫僅少

この本を注文する

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

本の紹介

動かないディスプレイモデルの戦車を「ラジコン化してしまおう」という内容の一冊です。既存のRCメカを流用して、可動化する方法もはじめ、すべてオリジナルのRCメカを使った可動化方法も掲載しています。

第1章 初級編
タミヤ1/35ミリタリーミニチュア(MM)の中からソビエト重戦車JS-2をRC化します。RCメカと駆動系は同じタミヤの1/35バトルシステムシリーズのものを使用。
第2章 中級編
1/35MMシリーズのアメリカ軽戦車M3スチュアートをRC化します。オリジナルの赤外線コントロールシステムを搭載して、砲塔旋回・砲身上下のほか、砲身発光・発砲音・車体振動を再現しています。
第3章 上級編
1/35MMシリーズのドイツ戦車パンサーG型を赤外線コントロール。中級編にプラスして砲身リコイル動作や操縦手が顔を出すというギミックも組み込んでいます。

ページのトップへ