新紀元社 / Shinkigensha

中世ヨーロッパの武術

中世ヨーロッパの武術

著者:長田 龍太
定価:本体2,800円(税別)
A5 672ページ
ISBN 978-4-7753-0946-9
発行年月日:2012年03月02日
在庫:在庫あり

この本を注文する

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー

本の紹介

ロングソード術やダガー術、レイピア術だけでなく、レスリング術、鎧を着たレスリング術など、中世ヨーロッパの戦闘教本を解説した、おそらく日本ではじめての書籍です。近世より遅れていると思われ続けた中世の武術が、当時いかに発展していたかを知ることのできる一冊です。

【目次】

第1部 概説

  • 第1章 中世から近世までの戦闘様式の変遷
  • 第2章 フェシトビュッフとは?
  • 第3章 ヨーロッパ武術の基本理念
  • 第4章 構えとは?
  • 第5章 攻撃線とは?
  • 第6章 防御について
  • 第7章 刃の握り方
  • 第8章 攻撃の基本
  • 第9章 歩法
  • 第10章 流派紹介

第2部 技紹介

  • 技解説の前に
  • 第1章 ロングソード
  • 第2章 レスリング
  • 第3章 ダガー
  • 第4章 ハーフソード
  • 第5章 殺撃
  • 第6章 武装格闘術
  • 第7章 槍
  • 第8章 ポールアックス
  • 第9章 ファルシオン
  • 第10章 片手剣とバックラー
  • 第11章 騎乗戦闘
  • 第12章 ショートスタッフ
  • 第13章 ロングスタッフ
  • 第14章 クォータースタッフ
  • 第15章 ウェルシュフック
  • 第16章 バックソード
  • 第17章 ハルバード
  • 第18章 レイピア
  • 第19章 モンタンテ
  • 第20章 鎌と大鎌
  • 第21章 棍棒とフレイル
  • 第22章 異種武器戦闘

付録

関連商品

ページのトップへ